一般歯科

一般歯科General dentistry

虫歯は、早期発見、早期治療が大切です。

歯科の基礎的な治療は、虫歯、歯根または歯肉の治療です。
虫歯治療のポイントは、早期の治療が非常に大切で最善の治療です。
この治療を丁寧に行い、そして長くトラブルのない方法で治療しています。

general-dentistry01_1

包括的な治療が必要な方には、スタディーモデル・口腔内写真・CT等でカンファレンス(複数の歯科医師による意見交換)を行い、最善の治療をご提案します。

虫歯かな?と少しでも気になったら、放置せずに1日でもお早めにご相談ください。

現在、「予防歯科」の時代と言われており、削る・抜くなどの従来の「治療」から、積極的に歯を「予防」する時代へと変わってきています。
虫歯や歯周病を予防するためには毎日の歯磨きが最も重要ですが、それだけでは十分ではありません。
ご自身では除去できない歯石やプラークコントロール(歯磨き指導)をはじめ、定期的に歯科衛生士による予防処置が大変重要です。

「予防」は単に虫歯や歯周病になることを防ぐだけでなく、
一生涯健やかな歯を保つためにも、大切な心掛けとなります。
また、咬み合せの不具合は、頭痛や肩こりの原因となります。

虫歯治療や歯周病治療だけでなく、親知らずや、嚙み合わせの不具合など、お口のお悩みご相談下さい。

虫歯治療Tooth decay

歯の寿命を左右する治療だからこそ基本に忠実でありたい

大里デンタルクリニックの虫歯治療では、エビデンスレベルの低い(根拠があいまいな)治療や器材の使用はいたしません。虫歯治療で大切なのは、的確な診断に基づいて虫歯の部分を丁寧かつ確実に取り除き、可及的に歯と歯の神経を残す事と考えます。
また、治療の精度を高めるため、また患者様へのわかりやすい説明のためにマイクロスコープも導入しております。

虫歯治療の流れ

tooth-decay-flow011

虫歯の見落としがないように目視だけでなくレントゲン写真で確認したり、判断が難しいケースでは他のドクターによるダブルチェックをおこないます。

tooth-decay-flow022

虫歯の取り残しがないように虫歯検知液で確認し、細かい部分は手用の器具を使って丁寧に治療をおこないます。

tooth-decay-flow033

虫歯が大きくてもあきらめずに歯の神経を保護する処置を施し、可及的に歯の神経を残す努力をいたします。

tooth-decay-flow044

患者様と相談の上、各種詰め物、被せ物を進めてまいります。

根管治療(歯の根の治療)Root canal treatment

根管治療=根幹治療

根管治療は上記の通り、歯科治療において幹をなす治療となります。
根管治療の結果次第で歯を残すかどうかを決めるケースもめずらしくありません。
大里デンタルクリニックでは保存が難しいと判断された歯でも、患者様と相談のうえ根管治療を施し、可能な限り歯を残す努力をいたします。

根管治療の流れ

tooth-decay-flow2_011

根管治療を行う歯に入っている詰め物や被せ物を、なるべく患者様ご自身の歯を残した状態で外していきます。

tooth-decay-flow2_022

炎症をおこしている神経や汚染された材料などをきれいに取り除きます。

tooth-decay-flow2_033

根の中に感染防止用の材料を詰めます。

tooth-decay-flow2_044

患者様と相談の上、各種詰め物、被せ物を進めてまいります。

歯周病治療Periodontal disease

歯を失う一番の原因が、歯周病です。

歯周病は、汚れが原因で起こる慢性的な疾患です。

歯周病治療は、検査⇒診断⇒初期治療⇒(歯周外科治療・再生治療⇒再評価⇒)メンテナンスを繰り返し行うことが必要です。
大切なのは、予防、診断、治療、メンテナンスです。
そのため、患者様と歯科医師、そして歯科衛生士が三位一体となって根気よく治療を行っています。

◆ 治療について

スケーリング、ルートデブライドメントは歯周病治療の基本となるものです。
軽度の歯周病ではスケーリング、ルートデブライドメントをおこないプラークや歯石を除去し、歯周組織を健康な状態に戻すことができます。
日常の歯磨きだけでは磨き残しが生じ、プラークや歯石の付着は防ぎきれませんので、スケーリングやルートデブライドメントは歯周病が改善した後も、定期的に行う必要があります。
当院では、国家資格をもった歯科衛生士が18名在籍しており、定期的に外部講師を招いて技術の研鑽に励んでおります。
高い技術をもった歯科衛生士が、みなさまのお口の健康をサポートいたします。

スケーリングTooth scaling

歯の表面や歯周ポケットの浅い部分に付着したプラークや歯石を取り除きます。
スケーリングで使用する器具には手用のスケーラーと超音波スケーラーがあります。
担当する衛生士が部位や症状によって最適な方を選択して施術にあたります。

general-dentistry04_1

ルートデブライドメントRoot Debridement

スケーリングで除去できない歯周ポケットのより深いところに付着したプラークや歯石を取り除く治療です。
以前はプラークや歯石だけで無く、歯根の表面も削って滑らかに仕上げるルートプレーニングと呼ばれる治療が主流でしたが、 歯や歯の周りの組織を必要以上に痛めてしまうこと、歯肉退縮が著しい事などから当院ではより愛護的なルートデブライドメントをおこなっております。

general-dentistry04_2

歯周外科治療Periodontal surgery treatment

歯周基本治療(スケーリング、ルートデブライトメント)を行っても深い歯周ポケットがあり、歯周炎が存在している場合に行うのが歯周外科治療です。歯肉を切開し、歯根を直接目で確認しながら、上記のスケーリングやルートプレーニングを行い、歯周病の原因を取り除いていきます。

general-dentistry04_3

general-dentistry04_4

general-dentistry04_5

歯周組織再生療法Periodontal tissue regeneration therapy

歯周組織再生療法は歯周外科治療と同時に行う治療法です。 2017年に歯周組織再生医薬品である「リグロス®」が保険適用になりました。歯槽骨の欠損部にリグロス®を塗布し、歯を支えている歯周組織の細胞を増やし、細胞に栄養を送り込む作用から、歯周組織を再生させます。

general-dentistry04_6

メインテナンスMaintenance

歯周病の治療が終わったからといって、その後二度と歯周病にならないわけではありません。
なにもしなければ、その後必ずと言っていいほど再発します。
ご自身の目の届く範囲のプラークは歯ブラシあるいはデンタルフロスや歯間ブラシなどで取り除くことができます。しかし、ご自身で診ることができない歯肉の中のプラークは自分で取り除くことはできません。
歯周病の再発を防ぐために一番大切なのは、治療終了後も定期的に自分自身では落としきれないプラークをプロのクリーニングで取り除くことです。
担当医と歯科衛生士が患者様ごとに適切なメインテナンス内容と期間を設定し、歯周病の再発リスクを抑えてまいります。

general-dentistry04_7

義歯(入れ歯)Denture

入れ歯は人間の体の一部です

大里デンタルクリニックでは入れ歯を物としてはとらえておりません。
歯を失った人にとって入れ歯は生きるために必要な体の器官の一つとして診療に臨み、保険診療であったとしても決して手を抜きません。
保険診療の入れ歯だけでなく、軽くて違和感が少ない入れ歯や、やわらかいクッションのついた痛みの出にくい入れ歯など自由診療にも対応いたしますので、お気軽にご相談下さい。
また他院で製作された入れ歯であったとしても、壊れた時は日常生活に支障がないように即日修理をいたしますので、お気軽にご連絡下さい。
注)入れ歯の状態や来院時間によっては、即日修理出来ないこともございますのでご了承下さい。

唾液検査Saliva test
自由診療

唾液検査から始める新しい虫歯予防

虫歯や歯周病の原因は人それぞれです。
原因が違えば予防法もちがいます。
唾液検査は自分の唾液を調べることで、虫歯や歯周病になる「歯茎の健康」・「口腔清潔度」・「歯の健康」等の原因がわかり、自分にとって効果的な予防法アドバイスを受けることができるのです。

Point1

唾液検査をすることによって、本当の虫歯のリスクを発見できる、虫歯予防の対策に最も有効的な手段です。

Point2

唾液検査は大変高額な検査でしたが、近年技術の開発が進み、患者様にご負担の少ない検査料で受けていただける機器を導入しました。

general-dentistry06_1

顎の痛み・頭痛・カウンセリングCounseling

顎が痛い、口が開きにくいという事だけでなく、咬み合せからくる頭痛も治すことができます。
この治療には特殊な技能を要します。
お困りの方はカウンセリングを行います。必要な方にはCT撮影も致しますので、ご予約ください。

カウンセリング  毎週水曜日

general-dentistry07_1

新鋭の歯科用CT

老年歯科Geriatric dentistry

general-dentistry08_1かかりつけ歯科としてお口の中だけでなくその先へ…
健康寿命を伸ばすためにかかりつけ歯科でできることがあります。
当院では虫歯や歯周病の他に口腔機能低下症についても力を入れています。
口腔機能とは、食べる・話す・飲み込む・味わうなどのことです。
加齢だけでなく病気や生活状況に影響を受け、これらの機能が急速に低下すること(オーラルフレイル)で引き起こされる病気が口腔機能低下症です。
口腔機能が低下すると、食事から得られるエネルギーが不足し全身の筋力低下(サルコペニア)にもつながります。
さらにその先には全身の機能低下(フレイル)や寝たきりや要介護認定へとつながっていきます。

general-dentistry08_2口腔機能の低下に早く気付くことで全身の健康を守ることができるのです。
例えば、今まで食べられていたものが食べにくくなった、飲み込みにくくむせやすくなったなどの症状は口腔機能低下症のサインかもしれません。
当院では、まず簡単な問診や舌圧測定を行いスクリーニングします。
スクリーニングにより口腔機能低下症の疑いがある方は口腔機能精密検査(7項目)を行い、管理・指導をします。
65歳以上の方、または特定の疾患(脳梗塞、認知症など)がある方は健康保険が適応されます。
気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

セルフチェック

以前と比べて気になることはありませんか?

  • 歯磨きやうがいが上手くできない
  • お口がいつも乾いている
  • 噛み砕く力が落ちている・上手く噛めない
  • 食べこぼしやすい
  • 口の中に食べ物が残りやすい
  • 舌がうまく動かせない
  • うまく飲み込めない
  • 食事に時間がかかる

general-dentistry08_3

お電話でのご予約・お問い合わせ following_up
月~土  9:30~13:00 / 14:30~19:00(土 18:30まで)
お電話でのご予約・お問い合わせ メールでのご予約・お問い合わせ following_up
月~土  9:30~13:00 / 14:30~19:30(土 18:30まで)