ドクターブログ

岩切セミナーを受講しています

医療法人大里会では、毎年新人ドクターと衛生士を対象に、モリタやSGCDの講師である岩切先生をお招きして、院内セミナーを開催しています。

年7回のトレーニングセミナーでは、ハンズオンで直接指導をしていただき、大変勉強になります。

高い志を持って、頑張りたいと思います。

また、患者様にもその技術を還元できるよう頑張ります。

20130625170735

勉強会を開催しました

はじめまして。ドクターの塚本です。

先日、大里会(うらさと歯科・大里デンタルクリニック 2院合同)に、西川義昌先生をお招きして、支台歯形成についての勉強会を行いました。

講演会の表題は、日常臨床を安全に行うための臨床的基準 ~シングルクラウンの治療を習熟する~

西川先生は、スリープレーンコンセプトを提唱し、いかに患者様の「歯のあるべき姿」を創生するかを考えた方の一人です。

西川先生の日頃の仕事に取り組む熱意が伝わってきて、同じ仕事をする者としてとても刺激を受けました。

今後もそういった先生方との出会いを大切にし、仕事に反映していきたいと思います。

金属色の詰め物を白い歯に

今日は白い詰め物についてご紹介します。

エステニアインレー

esutenia

セラミック(92%)のハイブリット素材を使用した詰め物で、歯と同等の硬さを持っています。

色調も美しく、審美的にも優れています。

e-maxインレー

emax

金属を使わないガラスセラミックの詰め物です。より美しい歯をお望みな方、少しでも金属を減らしたい方に優れています。

エステニアと比べ、セラミックのみで製作しており金属を一切使用しておりません。また、強度・色調共に優れています。

hikaku

キャンペーンも行いますので、

気になる金属の詰め物を、白い歯に・・・、この機会にご相談ください。

理事長の小川です。

処暑 今年は暦通り厚さも和らぎ、過ごしやすくなってきました。

歯科の方では金属の高騰が留まりそうもありません。

特に、白金加金(プラチナとゴールドの合金)が上がり続けています。

自分の専門とする、咬み合せの調合では、保険の金属では固すぎるために合わず、白金加金を使わざるおえません。

頭痛のひどい人や、肩こりの人を治す為に、どうしても必要な金属なのです。

このようなご時世、患者様から頂く料金を上げざるおえなくなりました。

早く元の状態に戻ってくれないかなぁと嘆く夏の終わりです。

東北地方太平洋沖地震の被災者の皆様へ

3月11日(金)に発生した三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

ただ、今回の国内最大の災害において、日本国民がその悲惨さを我が身の様に思い、迅速な救援活動、または募金活動、そして何か少しでもできることはないだろうかと、声を掛け合う姿が、ここ名古屋でも多く見受けられます。

人の温かさみたいなものが、改めて実感できたことを、日本国民として、

そして世界各国の救援部隊の方々をみても、一人類として誇りに思います。

復旧には想像を絶するような、苦難や時間、そして資金がかかることでしょう。

また亡くした家族、友人、そして家や街を失ってしまった心の傷をを癒せるのは

いつになるかわかりません。

しかし、多くの方々が寄り添おうと手を挙げていることを、どうか励みに、心の支えに、頑張ってください。

応援しています。

医療法人大里会 一同

子供の楽しい歯磨き

こんにちは、ドクターの渡邉です。

昨日 3月9日は息子の2歳の誕生日でした。

子供を持ち、大変なことが多くあります。

その一つが、歯磨きです。

うちの子供も歯磨きを最初嫌がりました。嫌がっているのに無理に磨くのも可哀そうですし

歯磨きを嫌いになってしまうのも困ります。

小さなお子さんの歯磨きは、まず「子供が楽しいと思う雰囲気作り」をすることが大切です。

我が家では、親が楽しそうに磨いているところを見せ、興味を持っていると感じたら

「一緒に磨く?」と声を掛けてあげて、子供が歯磨きをしたら褒めてあげました。

また、歯磨きグッツも大好きなキャラクターで揃えてあげるのも

楽しい雰囲気作りに一役買ってくれました。

歯磨きが習慣づくまでは、楽しい歯磨きを目標に頑張りましょう。

もうすぐ春ですね。ドクターの岡です。

 

D60_a2088c先日、山中湖に旅行に行ってきました。

ワカサギ釣りをしてきたのですが、

想像以上に楽しかったです。

ただ、まだ雪が結構残っていて、

久々の車のチェーン装着には、

かなり手こずりました。(><

少しずつ暖かくなってきていますが、

まだ寒い日も続くようです。

お口をゆすぐ時、水がしみって

ぬるま湯でお口をゆすがれている患者さんも多いようです。

あまりしみるようでしたら、我慢せずに教えて下さいね。

ドクターの野田です。知覚過敏について

はじめまして。ブログは初めて書きます。

最近、本当に暖かくなってきましたね。春も間近です。

さて、今日は知覚過敏について書きたいと思います。

「知覚過敏」は最近良く聞かれるかと思いますが、簡単に言えば、

冷たい水やアイスなどの冷たい食べ物が、歯にしみる症状を言います。

これは歯が欠けていたり、神経が敏感になっているとこのような症状が出ます。

最近では、薬局店でも「シュミテクト」などの知覚過敏用の歯磨き粉が市販されていますが、

ご使用の際は、できるだけお口の中に歯磨き粉が長くあるほど効果がでるそうです。

また、それ用のマウスピースもありますので、興味のある方は一度おたずねください。

他にも治療法として、欠けているところを詰めたり、お薬を塗ったり、

それでも治らなければ、神経を取ってしまわなければならないこともあります。

少し暖かくはなってきましたが、

まだ朝しみると言う方は、お湯でうがいをするなど、工夫をしてみると良いかもしれませんね。

お悩みの方は、一度受診してみて下さい。

こんにちは。ドクターの玉川です。

先日、お口のメンテナンスに力を入れている歯科医院の勉強会に出席してきました。

 フッ素入りの歯磨き粉で歯磨きをした後は、うがいの回数を少なめにした方が良いことをご存知ですか?

それは歯を丈夫にする成分をお口の中で留めやすくするためです。

 また、歯磨きだけではなかなか取り切れない汚れもありますので、

最低1日1回はフロス(糸楊枝)を通すことをお勧めします。

 お口の状態は、毎日の歯磨きの仕方で随分変わってきます。

普段の歯磨きに不安があれば、聴いて下さいね。

ドクターの太田です。

はじめまして。Dr.の太田です。

先日、インプラントの講習セミナーに参加してきました。

症例をみると、インプラントを骨に埋入するだけでなく、

骨を造成したり、退縮してしまった周囲の歯肉を回復させることができ、インプラントの適応症例は

非常に幅広くなってきています。

また大里デンタルクリニックでは、歯科用CTを撮影することができますので、

エックス線画像だけでは確認しづらい骨の中の状態も詳細に把握することができます。

インプラントを検討されている方は、是非一度お気軽にご相談ください。